本当の自己肯定感とは。結城美帆子

「生まれてきて良かったね」と言ってもらえることは、「自分はここにいるだけで素晴らしい、価値ある存在だ」と感じられているという意味です。

無条件にそのように思える人は、良いときも悪いときも含めて自分の人生すべてを素晴らしいと感じることができます。

ただし「自分は努力して多くを得た」という自信は、自己肯定感とは似て非なるものです。

競争に勝ち続けて自信満々だった人が、ある時ついに競争に敗れた為に心までポッキリ折れてしまうことがあります。

努力で得た自信はもろいものです。

「根拠ある自信」は、根拠が揺らげば揺らいでしまいます。

本当の自己肯定感は、そんなやわなものではないです。

本当の自己肯定感とは、何があっても揺らぐことがない自信です。

自己肯定感が高ければ、少々のことではへこたれず、ちょっと厳しく叱られても受け止められ、どんな時も、世の中は生きるに値すると感じられます。

そして、何より、自分の人生を最高の人生だと思えると同時に、他人の人生も自分の人生同様かけがえのないものと実感できるはずです。

ピアノのレッスンを通して、努力で得られる自信では無く、本当の自己肯定感の高い人間に育てたいと思います。