最近「変だな」と思うこと

最近「変だな」と思うこと

ピアノの先生が「脳科学」という言葉を使うことに違和感を感じます。

当教室には、発達障害のお子さんもおり、発達障害は脳の障害がなので、専門医の診断と指導のもと、時々脳の検査を受けながら指導をしているので、具体的な効果を示すことができますけど、一般のお子様に対しては、ピアノが脳にどのような効果があり良いのかは、具体的にはわからないと思うのです。

今、なんとなく脳科学がブームになっているような気がしますが、私は脳科学から優生思想→ヒトラーを連想してしまいます。

ヒトラーが、最初に死のガス室に送ったのは障害者なのです。

コロナの日本政府の対策を見ていると、健康保険税を支払っているのに医療を受けられなかったり、検査も受けられない、本来は医療は医師の指示のもと検査をしたり、医師が診断をして治療をするものであると思いますが、今は、そのようになっていない。

国民皆保険が無かった頃に戻ったような気がします。

国民皆保険ができる前は、お医者様にかかれず死んでいくのが普通にあり、役所に届ける死亡診断書には「何月何日何時ごろ何々で死亡したもよう」と書いてありました。

ハラコセキを見ると、自分の先祖がいつどのような死に方をしたのかわかります。

昨年、専門家の中には、「来年は子供たちの中でなんらかの感染症が増えると思う」とおっしゃっていた方もおりましたので、ある程度覚悟はしてましたが、まさかオミクロンとは。

人間は、無菌で育つことはないので、昨年の状態が続くと、免疫力がない子供が育ち大変だろうと思ってました。

どろんこ遊びも重要みたいです。

どろんこ遊びでお腹に必要な良い菌が入ることもあるようです。

ある程度のものには感染して自己免疫を高めていくことも必要な気がします。

ただし、高齢者は感染すると重症化する可能性があるので、コロナで死にたくなければワクチンを受けて、肥満や生活習慣病を防ぐ生活をするか、基礎疾患がある人はきちんとコントロールをすることではないかと思います。

まだ死にたくないので、肺炎球菌や帯状疱疹のワクチンも打ちたいのですが、感覚を開けて打たなければならず、コロナのワクチンの3度目がいつ打てるかわからないので、他のワクチンが受けられずにおります。

みんなで叡智を出し合ってこの困難を乗り切りましょう。

心が疲弊しないように、ピアノで心の健康を保ちましょう。

ピアノは脳科学ではなく、豊かな心で生活を営む為にあると思います。