時間は無限ではありません

時間は無限ではありません

人間はこの世に生まれた時から死に向かっているのです。

自分の人生をどんな人生にしたいか?

人生の起承転結なんて若い方は考えないかもしれませんが、私は人生の半分を過ぎたであろう頃から自分の死に方を考えるようになりました。

ピアノの教え方についても、試行錯誤しながらやってきましたが、結局はどれも同じではないかと思いました。

導入期の教則本が次から次へと出てきますが、結局はショパンのエチュードが弾けるレベルにたどり着き、自分で弾きたい曲が自由に弾ければ良いわけです。

ピアノの喜びとは何なのか?

ピアノを習っていて、生徒や親御さんは、どんな時に喜びどんな時に蔓延の笑みを見せてくれるかを考えた時、コンクールで目標を達成できた時ではないかと思いました。

生徒や親御さん、ご家族様の喜びと笑顔は、私の最大の喜びです。

健康で長生きする為には、笑顔が重要と言われておりますから、生徒さんや親御さんご家族の皆様には感謝です。

ピアノが上手に弾けるようになる為には、毎日の地道な練習が必要で、けして簡単ではありませんが、努力の先には、大きな喜びと幸福感を得られ分かち合う喜びも得られます。

コロナで心が疲弊している人もいるかもしれませんが、時間は止まってくれませんので、今できることを致しましょう。

一人ひとりに合わせたオーダーメイドのレッスンとおっしゃるピアノの先生もおりますが、40年の指導経験から、ピアノが上手く弾けるようになる為には、やるべきことをやらないと上手く弾けるようにはならないので、私はどの生徒さんもみんな同じレッスンをしております。

障害がある生徒さんも、視覚障害の方は点字の楽譜を使いますが、みんな導入期は、経験から一番最短で次のレベルへ進めるバイエルまたはメトードローズを使ってレッスンをしております。

バイエルまたはメトードローズが終わったら、ブルグミュラー25番に入る前に、バステインメソッドを使ってペダルの指導を行います。

ブルグミュラー25番からは、ピティナピアノコンペティションA1級(小学2年生以下)の課題曲が出るので、遅くても小学1年生までにブルグミュラー25番に入っていた方が良いのです。

ピアノの人生設計も必要ではないかと思います。

私は、レッスンをお引き受けした全員の生徒さんが、高校卒業時には、ショパンのエチュードやベートーヴェンの三代ソナタなど上級レベルの曲が弾けるように指導計画を立て指導をしております。

具体的には、高校2年生までにピティナピアノコンペティションF級で結果を出し、ピティナピアノステップ最終ステップの展開3の合格を目標に指導をしております。

コンペティションで全国大会出場や金賞を受賞するには、練習時間や経済面でも負担が大きくなりますが、それぞれ無理をせず出来る範囲で行えば良いと思います。

もちろん、私ができる限りのサポートはします。

全国大会に出場して金賞をとってくれたら嬉しいですが、無理をして経済的な理由で途中でピアノを辞めてしまうよりは、できる範囲で最後までやり抜いて欲しいと願っております。

レッスン料金をお安くすれば親御さんの経済的ご負担は少なくなるかもしれませんが、安くすると価値が低く思われてしまう場合もあるので、簡単に値下げもできないのです。

当教室のレッスン料金は、茨城県立高校音楽科の非常勤講師が茨城県から支払われる指導料をもとに設定しています。

つくば市に教室を開講したときに、茨城県立水戸第三高等学校音楽科の非常勤講師が指導者としてレッスンをしており、その時講師を派遣してくれた音楽科の主任先生から「いくらいくら支払ってあげてね」と言われましたので、主任先生から言われたレッスン料金に設定し、20年が過ぎた現在も値上げをせず頑張らせていただいております。

でも、幼児と導入期は、開室した時は、30分3,000円でしたが、現在は、幼児は30分2,000円、小学生以上は30分2,500円ですから、値下げになっています。

私はピアノを愛してますので、あまりピアノの価値を下げたくはないのですが、生徒さんの高い目標を達成させてあげる為にはレッスンは多い方が良いので、どうしたら良いものかといつも悩んでおります。

生徒さんの目標を伺って、目標を達成する為のご提案をさせて頂きますが、ご希望も伺いますので、遠慮なくお話しください。

向いている方向が違うと良い結果は出ませんから、コミニュケーションは大切と考えております。