昨日のレッスンで感じたこと。結城美帆子

自閉症スペクトラム小学3年生の男の子です。

私の教室では、ピアノを弾く前にウエットテイッシュで手を拭いていただきます。

最初、男の子はゴミ箱の蓋が閉めないままだったのですが、お母様が蓋をが閉まるように直すことを促すと、男の子は蓋が閉まるようにウエットテイッシュを捨て直しました。

素直で良いお子様です。

しかし、疑問に思ったことがありました。

男の子が蓋が閉まるように捨て直した時に、お母様が男の子に「ありがとう」と言ったことに違和感がありました。

「ありがとう」ではなく、「よくできたね」と言ったほうが良いのではないでしょうか?

「ありがとう」と「よくできたね」は、主体が違います。

自閉症スペクトラムの人は、主体が無いと言われているので、主体を引き出すためには、周りの大人の言葉かけは注意が必要です。

言語は難しいです。

主語を明確にしてあげることが大切です。