昨日のレッスンで。結城美帆子

「毎日どのくらい練習出来ますか?」と、レッスンを始めて間もない小学3年生のお母様に伺いましたら、「一曲3回練習をするようにしております」とおっしゃいました。

唖然としてしまいました。

こと細かく申し上げないとダメなようですね。

3歳4歳の幼児には、レッスンを始めたばかりは、「毎日3回づつ練習をしましょう」と申し上げますが、譜読みの練習やソルフェージュの練習も含めると、30分はかかります。

ピアノは、毎日練習をしないと上手に弾けるようになりません。

最低でも、毎日30分はピアノに向かってほしいです。

譜読みの練習もスラスラ読めるようになるまで毎日やらないとダメです。

やったりやらなかったりすると、なかなか読めるようになりません。

生徒の皆様がピアノが上手に弾けるように一生懸命に指導をしているつもりです。

生徒の皆様も親御さんも、やるべきことはやってください。

よろしくお願い致します。

ピアノは、レッスンに来ているだけでは、上手に弾けるようになりません。

親御さんには、お子様が練習をしやすい環境を整えてあげて頂きたいと思います。

教えるのは、わたくし結城美帆子です。

親は、教える必要はないのです。

むしろ、親が教えたりすると、子供は指導者の指示に従ってくれなくなり、教え辛くなります。