昨日のレッスンで、嬉しかったこと。

小学4年生男の子のレッスン。

生徒さんに質問をしたのですが、生徒さんが何も答えず黙っていたら、お母様が「黙ってたらダメだよ」とおっしゃってくださいました。

すごく嬉しかったです。

お子さんのレッスンを受ける態度が悪い時は、親御さんに注意をして頂きたいと思います。

質問をした時、黙られてしまうとレッスンが進まないので困ってしまいます。

以前レッスンに姉妹でお越しになられていたお子さんで、レッスンが始まっても、ピアノの鍵盤に手を乗せることもせず、私が「お家で練習してきたのを聞かせて」と言っても、弾こうとせずひたすら黙り込んでいた生徒もおりましたが、親がレッスン室にいても子供に何にも言ってくれず困っておりました。

「できなかったから」とか言ってくれれば、もう一度教えることもできるのですが、毎回毎回ピアノの椅子に座ったまま黙りなので、レッスンになりませんでした。

勝手な想像ですが、この姉妹のお母さんは面談の時に、ご自身のお子さんなのですが「私子供好きじゃないので」とおっしゃっておりましたから、家で練習を見てあげることもなかったのではないかと思いますし、子供たちも家で練習をしなければならないという自覚が無くレッスンにきていたのではないかと思います。

色々なお母さんがいるのも事実です。

ピアノを教えることに集中したいので、ADHDや自閉症など発達障がいのお子さんの場合は、精神分析を応用した精神分析的アプローチのレッスンを行っておりますので私も対応しますが、一般のお子様は、基本的にピアノを教えること以外のことは、親御さんにお願いしたいと存じますので、円滑なレッスンができるようにご協力をお願いします。