昨日のレッスン。結城美帆子

小学3年生の女の子のレッスン。

「これからは、宿題を出さないことにします。お家での練習も自由です。練習をしてこなくても構いません。お家での練習をするかしないかも自分で考えるようにしましょう。」と、申し上げましたら、ニコッとしてママの方を向きました。

お家での練習にプレッシャーを感じているのでしょうね。

本来、宿題という言葉もおかしいですよ。

だって、みんなピアノを弾きたいから、ピアノが上手く弾けるようになりたいと思うから、レッスンに来ているはずなのに、宿題を出されなければ家で練習をしないのはおかしいですよ。

宿題という言葉もおかしいですし、指導者や親が「練習しなさい」とか「練習してきてね」とか「練習しないと上手に弾けるようにならないから上手に弾けるように練習しましょうね」なんていうのはおかしいですよ。

自分自身が上手く弾けるようになりたいと心から思えば、どうすれば良いかを考えると思います。

また、レッスンで、ピアノを弾くのが楽しいと思えば家でも弾くと思います。

練習練習っていうと、子供はピアノをやらさせているという感じになるのではないでしょうか?

レッスンが終わりレッスン室を出て廊下でお母様に「今日は良くできた?」と聞いている子供が多いのですが、これもおかしなことですよ。

他者からの評価でしか自分の存在を認めることができていないということです。

自分で自分を評価できないということです。

自分自身の存在がないといいますか、これでは自立して生きていくのは難しいのではないでしょうか?

親だけではなく、指導者が「良くできた」と言えば「良くできたんだ」と思い、指導者が「できていないわよ」と言えば「できていないんだ」としか判断できないのです。

心といいますか、感情といいますか、穴を感じるのです。

自閉症の特徴の一つです。

私は、ピアノで、人間の心を育てたいと思います。

その為に、自分で考えるように導きたいと思います。

どのような教則本を使うかは私が決めますが、練習をするしない、どうしたいか、上手くなりたいのであればどうすれば上手く弾けるようになるのかを考えられるようにレッスンをしたいと思います。

一番大切なことは、本人がピアノを弾けるようになりたいかどうか、上手く弾けるようになりたいかどうか、本人がどう思っているかを本人が知ることです。

それがわかれば、宿題なんて言わなくても家で自分からピアノを弾くようになるのではないでしょうか?

ピアノでプレッシャーを与えたくないです。

ピアノのレッスンでプレッシャーを感じて欲しくないです。

ピアノは、楽しむもので、心を癒してくれるもので、心と体を健康にしてくれるものなのです。

お父様お母様にお願いです。

「練習しなさい」って言わないようにしましょう。

もし、家で全く練習をしてこなかったとしても、上達できるレッスンをしますので、大丈夫です。

子供が、ピアノが弾きたいという気持ちを潰さないように育てましょう。

どうぞ、ご家族みんなでピアノをお楽しみくださいませ。

練習練習言われると、嫌になっちゃいます。

子供に「ピアノが弾きたい、上手く弾けるようになりたい」という気持ちがあれば、自分で考えてピアノを弾くはずです。

練習というプレッシャーを与えないように致しましょう。