昨日のピティナピアノコンペティション地区予選でのこと。結城美帆子

「自分の子以外の子がミスをすると心の中でホッとする」というのは、親として普通の感情ではないかと思います。

私も私が教えている生徒以外の子がミスをすると心の中でホッとします。

心の中で思うのは自由です。

ただ、気をつけなければならないのは、口に出してよい場所と悪い場所がありますね。

子供には、「パパとママは、あなたが一番大事」ということをつねに発信しておくことも、子供が困難な壁を乗り越える時の原動力になりますから大切なことです。

子供って、親の愛があれば頑張れるところがありますからね。

子供の前で、親があまり良い人間を演じ過ぎてしまうと、子供はアップアップになり苦しくなってしまうかもしれませんよ。

人間は正論だけで生きていくのは難しいのではないでしょうか?

ピアノ教室の生徒さんに対しても、私は人間ですから全ての生徒さんに同じ感情を持てるわけではないです。

やはり、教えやすい生徒さんもいれば苦手な生徒さんもおります。

心の中で思うのは自由だと思っております。

ただ、口に出したり、教える情熱を変えたりは致しません。

全ての生徒に誠心誠意全力で指導をしております。