昨日、電話によるレッスンを行いました。結城美帆子

お父様が総合病院のお医者様で、感染リスクが高いので我が家が感染源となりご迷惑をお掛けすると心苦しいのでレッスンをお休みします」と、ご連絡を頂いたのですが、昨日は、いつものレッスン時間にお電話をかけて頂きまして、お電話でレッスンをさせて頂きました。

指使いなどは、見えませんが、正しい指使いで弾けている場合は、スムーズに弾けているので見で見えなくてもわかります。

私は、精神分析を学んでおり、自ら10年以上分析を受けているので、たえず相手の心を感じるようになっているので、可能なことなのかもしれません。

お姉ちゃまは、ハノンとエチュードとソナチネのレッスンを致しました。

妹さんは、バイエルのレッスンをしました。

お二人とも、まずは先週の課題を弾いて頂きました。

課題は、良くできておりましたので、◯にして、今週の課題の指導を致しました。

私は、ソナチネ程度までは、初見のレッスンをしておりますので、まずは譜読みをして頂き、確認をしながら片手の練習をして頂き、練習の仕方を指導して、レッスンを終えました。

お子様には、少しづつ進んでいけるように的確な課題を与えてあげることが、ピアノへの意欲を無くさず練習ができるのではないかと思います。

生徒さんのピアノが上達できるように、色々な形でレッスンができるのが、個人の教室の良さではないかと思います。

新型コロナは、いつか必ず終息します。

時間を無駄にすることなく、今できることを致しましょう。

電話でのレッスンやオンラインでのレッスンを希望される方は、遠慮なくご相談ください。

可能な限り対応します。

ただし、自閉スペクトラム症や学習障害など発達障害の方は、元々指導方法やアプローチの方法が違うので電話でのレッスンやオンラインでのレッスンはお受けできません。ご了承ください。