新年。結城美帆子

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。今年は、可能な限り色々な演奏会を聴きに行こうと思っております。感性を磨くには、生の演奏を聴くことも大切です。本物に触れることも大切です。感動を得ることが大切なのです。やっぱり一番には一番にしかないものがあります。なんでも良いですから一番になった人の演奏を生で聴いてください。お子様に聴かせてあげてください。私は、中学生の頃から、安川加寿子さん松崎玲子さんなどの演奏会を聴きに行っておりました。良い演奏は、今でも曲目や音・どんなドレスだったかまで今でも覚えているのです。特に、安川加寿子さんのベートーヴェンの月光の終楽章は鳥肌が立ちました。松崎玲子さんのモーツァルトのトルコ行進曲も良かったです。両方とも私が中学2年生の時に聴きに行った演奏会で聴いた曲です。「私も、あんな風に弾けるようになりたい」と、思って音楽高校の受験を決めました。