新型コロナワクチンを打たないリスク

新型コロナワクチンを打たないリスク

お子様に新型コロナワクチンを打つか打たないか迷っている方が多いと思いますが、打たないリスクを考えると答えが導き出せるのではないかと思います。

子供が新型コロナに感染した場合、新型コロナは風邪の一種と言われておりますから、喘息を持っている人は喘息の発作が起きるかもしれませんし、風邪が元で他の疾患を誘発するかもしれませんが、新型コロナに感染すると直ぐに診察や治療を受けるのが難しくなったりする場合もあるようで、京都で亡くなった子供のようにならないとも限らないと思います。

京都で亡くなった子どもは10歳未満と報道されましたが、生後10ヶ月の子どもでした。

幼児児童の感染が止まりません。

お祖父様やお祖母様と同居されているお子様は、お子様が学校や幼稚園で感染してくると、家庭内感染を防ぐのは難しいとされておりますから、お祖父様やお祖母様が感染して命の危険にさらされるかもしれませんね。

人間がやることに絶対はないと思うので、打つリスクと打たないリスクを天秤にかけてチョイスするしかないと思います。

副反応に心筋炎があるようですが、心筋炎は治療できるようです。

なんとなく国民全体で人体実験を受けているような気もしないでもないですが、化学はわからないことがたくさんあるようで、全身麻酔で意識が無くなる理由もわかっていないにもかかわらず、たくさんの人が全身麻酔による手術を受けて助かっていると言うこともあります。

麻酔で亡くなっている人もいるという事実もありますが。

どちらにしてもリスクは有ります。

どちらにしても最悪は死のリスクが有ります。

子供は親の責任で判断し決断しなければならないから難しいですね。

ウクライナから難民が来たり、お花見シーズンを考えると、4月下旬は爆発的な感染者数になるような気がしてなりません。

5月下旬にはコンペティションの予選が始まります。

新型コロナに感染して、一生懸命に練習したのにコンペティションが受けられないと言うことにならないようにしたいですね。

運も実力のうちと言われます。

運に見放されない生活を心がけましょう。