新型コロナワクチンで気になること

新型コロナワクチンで気になること

私は、20年近くになりますが、ほぼ毎月血液検査を受けております。

20年間の血液検査のデータがあるのです。

昨年、新型コロナのワクチンを打ってから、ほんの少しづつですが白血球が減っているのです。

白血球が減ると、免疫力が下がりますから、感染症や何らかの疾患を発症した場合、自分で治す力が少ないと言うことだと思うので、免疫力が上がるように日光を浴びたり、ブロッコリーや舞茸を毎日食べるようにしています。

高齢者はワクチンを3回打っても亡くなっている人がいると言うことは、免疫力が下がることで、元々の疾患が悪化するのではないでしょうか?

ワクチンの副反応は、5年10年先にわかることもあると思います。

任意接種の判断は、難しいですね。

基礎疾患がある高齢者は、ワクチンを打たなくても打っても感染し、最悪病院で治療すら受けられず亡くなっている人もいるわけですから、死ぬことを覚悟して生きるのであれば、打たなくても構わないようにも思います。

どのような方が亡くなっているのか、もう少し具体的な情報が欲しいです。

どちらにしても、感染しないことが命を守ることかもしれませんね。

医療ガバナンス研究所の上昌広先生は、パーティションは感染防止には良くないと書かれております。