新型コロナウイルス感染予防について。結城美帆子

新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染と言われております。

新型コロナウイルスに感染しない為には、飛沫感染と接触感染を防げば良いわけです。

新型コロナウイルスに感染しない為には、①飛沫を浴びないようにすること、②飛沫を浴びせないようにすること、③人が触ったところを触らないこと、④人が触ったところを触ったら必ず石鹸で手を洗うかアルコールで消毒すること。

生徒さんたちの様子を見ていると、けっこうあちらこちらを触っているように思いますから、接触感染の可能性は高いかもしれません。
玄関で手指の消毒をして頂いておりますが、教則本を触ったり、レッスンバックを触りますので、もし、レッスンバックに新型コロナウイルスの飛沫を浴びていた場合は、手にウイルスがついてしまい、ウイルスが付着した指でピアノを弾くと、ピアノの鍵盤にウイルスが付着してしまい、接触感染することになります。

一人の生徒さんのレッスンが終わるごとに、鍵盤を弱酸性の次亜塩素酸(ハイターを希釈した次亜塩素酸ナトリウムではなく、食品にも使える製薬会社が作ったもの)で、消毒しておりますので、ご安心ください。

日本で感染者が少ないのは、日本の生活習慣の影響もあるのではないかと思います。

日本では、土足で部屋に上がりません。

日本では、箸やフォークやナイフを使って食べますが、し外国では、手で食べる習慣の国もありますから、接触感染しやすいのではないかと思います。

パンを食べる時も手で食べますから、手にウイルスが付着していたら、感染のリスクが高いでしょうね。

山中伸弥先生のホームページにもありますが、人が触ったところは触らない、もし触ったら必ず石鹸で手を洗うかアルコール消毒をすることです。

とにかく、何かに触ったら、必ず消毒を習慣にすれば、接触感染は防げるのではないでしょうか。

食事をする時も、いただく直前に、椅子に座ってから、感謝のお祈りをして、手をアルコールを含んだテッシュで拭いてから、お食事を頂きます。

私は、新型コロナウイルスが流行る前から、つねにアルコールを含んだテッシュを持ち歩いておりました。

秋冬は、インフルエンザも流行します。

今のうちに感染予防の習慣を身につけておくと良いと思います。

とにかく、何かに触ったら手を消毒。

手紙やハガキ、宅急便も全て消毒するか、ゴム手袋をして手にします。

食品は、全てアルコール消毒してから、冷蔵庫にします。

子供は、すぐに触りたがりますから、手洗いの習慣をつけてあげると良いと思います。

お家でピアノを弾き時も、手を洗ってから弾くようにすると良いです。

ピアノは手を石鹸で洗ってから弾いた方が滑らなくて弾きやすいということもあります。