新型コロナウイルス対応について。結城美帆子

クルーズ船での感染者から考えられることもあります。

乗組員3711人の内712人が陽性、712人の陽性の内333人が無症状のことです。

確率的に考えることもできます。

日本政府は、いまだに症状がない人はPCRをしない方針のようですので、感染した人の約半分が無症状と考えると、もっと多くの人が感染していると想定して行動したほうが良いかもしれませんね。

その為には、感染しないようにする事と、感染させないようにすることですね。

新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染と言われておりますので、飛沫感染と接触感染を防げば良いわけです。

飛沫感染を防ぐ為には、ツバを飛ばさないようにする事と、飛沫が飛ぶ距離で会話をしないことです。

接触感染を防ぐ為には、とにかく触らないことです。

触ったら消毒をする事です。

病院や福祉施設での院内感染は、職員の手から感染しているのではないでしょうか?

譜読みの指導の時は、目からの感染を防ぐ為ゴーグルを着用させて頂く場合もございますがご了承願います。

生徒さんの手を触って指導した場合は、その都度、お互いに手の消毒をするようにします。