新型コロナウイルスの意味。結城美帆子

厚生労働省と医師会は、命を守ることは同じでも、理由が違っているように思う。

医師会が始めたPCR検査は、患者を守る為というより、医療従事者が患者から感染しないようにする為、そして医療を続けるためではないだろうか?

発熱患者を診療していないクリニックは、患者がだいぶ減っているようです。

倒産するクリニックも出てくると言われております。

厚生労働省は、なぜPCR検査を増やさないのか?

厚生労働省は、国民のすべての命を守ろうとは考えていないと思う。

政府は、国民の声が上がるのを待っているような気がする。

危険。

国民みんなが望んだからしたことと言われそうな気がする。

太平洋戦争も、国民が戦争に向かって行った結果ではないかと思う。

自粛要請ではなく、「もっと強く言ってくれ」みたいな国民の声も高まっているような気がする。

危険。

ヒトラーがどのように出てきたのかを思い出さなければ、危険。

命を守れ為に何が必要か?

生き延びる為に何が必要か?

なぜ、生きるのか?

なぜ、生きたいのか?

を考えれば、自ずと答えが出てくるのではないでしょうか?

新型コロナウイルスは、人間の結びつきを引き離す。

地震や台風などの自然災害や事故などから立ち直る時は、「手と手を取り合ってみんな一丸となって頑張ろう」と言ってきましたが、新型コロナウイルスは手を手を取り合うことができない。

新型コロナウイルスは、自分の利益だけを考えて生きている人たちは、淘汰されるような気がする。

新型コロナウイルスは、自分さえ良ければという人たちは、淘汰されるような気がする。

岡部クリニックには、新型コロナウイルス感染予防対策コーナーが設けられていて、消毒液や、免疫力を高めるサプリメントが置いてありました。