新型コロナウイルスの対策について。結城美帆子

レッスンをお休みにするピアノ教室や、オンラインレッスンを行うピアノの教室も出てきたようですが、当教室は平常通りのレッスンを行います。

当教室は、新型コロナウイルスの問題の前から、玄関に消毒液を置いてあり、生徒の皆さんや来客者には、玄関で必ず消毒液で手の消毒をして頂き、アルコールのウエットテイッシュで手を拭いてから、レッスン室にお入り頂いておりましたので、特別なことではありません。

また、加湿器で常時50%の湿度にしてありますし、空気清浄機も常時オンになっております。

レッスン室もそんなに狭い部屋ではないので、換気もそれほど悪くはないと思います。

ピアノ教室は色々な方の出入りがありますから、日頃からできることはやっているつもりです。

空気清浄機をジアイーノに買え変えようとしたのですが、9畳用〜18畳用のはあるようなのですが、大型のものが在庫がないとのことで、もう少し時間がかかるようです。

クリニックや老人ホームなどで多く使われているようです。

新型コロナウイルスの影響で、注文が殺到しているとのことです。

仕方がないので、次亜塩素酸のポットを置きました。

ウイルスは、粘膜から体に中に侵入するとのことですから、咳やくしゃみなどの飛沫を浴びないようにすることと、口や鼻や目を手で触らないことです。

やるべきことをやっていても新型コロナウイルスに感染するかもしれませんが、その時は神様の何らかの思し召しではないかと思います。

感染したら感染したでいいじゃありませんか。

その時は、その時です。

どうなるかわからないことを考えてもしょうがないです。

今できることをやればいいのです。

学校が休校になったら、たくさん練習ができるじゃないですか。

普段なかなかできない部屋の掃除もできます。

芸術は瞬間です。

オンラインでレッスンをするなら、いつもオンラインでレッスンができることになり、ピアノ教室が入らなくなってしまうのではないでしょうか?

ピアノは、対面で一人一人に同行してレッスンをするから、ピアノのレッスンの価値があるのではないでしょうか。

できる時にできることをやればいいと考えているので、今までと変わらずできる時にレッスンをします。

数回レッスンを休んだからといって、長い目で見たら何ら変わることはないと思います。

コンペティションに参加される方で、譜読みが間に合わないという生徒さんの場合は、これまでもできる時に補講レッスンをしておりました。

もし、体調が悪くレッスンをお休みする場合でも、焦る必要はなく、ゆっくり休めばいいのです。

そして、元気になったら練習すればいいのです。

私は、身の回りに起きること全てに何らかの意味があると考えるのです。

できる時にできることを致しましょう。

恩師亡き東敦子先生のお言葉です「無理はいけません」
発熱や咳が出たり体調が悪い時は、レッスンをお休みしてくださいね。

私も発熱や咳が出たり体調が悪い時は、レッスンをお休みさせて頂きます。

お互いに無理をせず、ストレスにならないレッスンを致しましょう。

念のため、レッスンにお越しになる時は検温をしてください。

毎日朝晩検温と、熟年の方は血圧を測ることを習慣にされると、健康管理にもなります。

私は、毎日しております。