新型コロナウイルスでピアノ教室が変わるような気がします。

大手楽器店の音楽教室は、政府の外出自粛期間はレッスンがお休みになっていたようですが、個人のピアノ教室の多くは、オンラインレッスンを取り入れていたようです。

全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)は、一般のコンペティションは中止になりました。

日本ピアノ教育連盟のピアノオーディションも中止になりました。

日本障害者音楽連盟のピアノパラリンピック全国大会も中止になりました。

ピアノのレッスンの価値とは、なんでしょうか?

改めて考えております。

ピアノ教室とは、心が安らぐ場所ではないでしょうか?

ピアノ教室とは、心と心が触れ合う場所ではないでしょうか?

心の安らぎや安心・心の触れ合いによる安心は、オンラインレッスンでは得られないことではないでしょうか?

ピアノのレッスンは、心と心のコミニケーションが可能です。

目に見えないウイルスに不安を抱き生活が変わって心が疲弊している中で、ピアノ教室は、心が触れ合う場所を提供し、心の安らぎという安心を与える役目を担うことが出来るのではないかと思います。