指導法。結城美帆子

ピアノの教え方は、ピアノの指導者が個々に自分で学び確立していきます。

最初は、自分が先生から教えられたように教えるのが一般的ではないかと思います。

私も自分が先生から教えられたように教えましたが、すぐに壁にぶちあたってしまいました。

習いに来る生徒は、自分と同じではないので、同じ教え方では弾けるようになる生徒もおりますが、なかなか弾けるようにならない生徒もいたのです。

理解力が、さまざまなのです。

生徒に合わせた指導というのは、どの生徒も弾けるようになる指導ということです。

でも、そこには、教え方の基本がなければなりません。

私は、最初に五線や音符の読み方、指番号を教えて頂きましたが、その後は先生に弾き方を教わるということはなく、自分でどんどん練習をして、できたらマルをつけて頂くというレッスンを受けていたのですが、多くの人は、弾き方を細かく教えないと弾けるようにならないということを、教えるようになって知りました。

今は、弾き方、家庭での練習の仕方も、こと細かく教えております。

教え始めた頃は、「なんでこんなことができないのだろう」とか「たかが10の音符が覚えられないのだろう」とか「なぜメトロノームに合わせて手拍子ができないのだろう」とか、なぜ、なぜの連発でしたが、教えなければできないのが当たり前で、私が一般的ではなかったということに後で気づきました。

できないのが当たり前で普通のことなのです。

音楽高校や音楽大学の先生は、初心者のレッスンなど致しませんから、恩師に教え方を教えてもらうこともできず悩みに悩んでいたこともありましたが、今は一般的人であれば教えられるようになりました。

ピアノを弾けるようにするのに、教えること、やるべきことは、子供も大人も障害がある人でも同じです。

ピアノが弾けるようになるために、ピアノが上手く弾けるようになるために、やらなければならないこと、やるべきことは、子供も大人も障害がある方も全て同じなのです。

どこをとっても、はしょることはできないのです。

「大人だから、これはやらなくても上手く弾けるようになる」ということはありません。

「障害があって音符が読めるようにならないから音符が読めなくてもいい」ということはありません。

音符が読めるようにならないのであれば、フリガナを振れば良いのです。

ピアノは、障害があってもやるべきことをやれば上手に弾けるようになるのです。