指導について恩師亡き秋山千賀子先生に教わったこと。結城美帆子

ピアノを教え始めて10年がたった頃、生徒にどう教えてよいか悩んで悩んでいた時、秋山先生が定年退職をされお時間ができたかなと思い、相談に伺いました。

その時、秋山先生に「レッスンの最初は、生徒が練習してきたのを最後まで聴きなさい。」と、アドバイスを頂きました。

それまでは、「これも教えなければ、あれも教えなければ」と、余裕が無い指導をしていたように思います。

秋山先生にアドバイスを頂いてからは、すべてをやろうとせず、今できることをやるようにしております。

ピアノの指導に限らず、日常の生活においても、無理をせず今できることを精一杯やるようにしております。

亡き東敦子先生にも「無理はいけません」と言われました。