思い違いをしていたかも知れません。結城美帆子

ピアノを弾きたいから、ピアノが好きだから、習いに来るのだろうと思っていたのですが、どうもそうではないらしい人もいるのかも知れないのです。特に小さい子供の場合は、親の意向で連れて来られる場合もあるようなので、ピアノを教えることよりも前に、まずはピアノを好きにさせることから始める必要がありますし、もしかすると、「ピアノを好きにさせてあげること」が、親の願いなのかも知れないと思う今日このごろです。好きでもなかったら、家で練習することなんて苦痛以外の何物でもないでしょうね。ピアノが上手に弾けるようになるには練習と言う毎日の努力が必要ですが、好きじゃなかったら努力をするのは難しいでしょう。楽しむことを忘れてしまったら、何のためにピアノを習っているかわからなくなってしまいますね。ピアノは、楽しむためにあります。ピアノは、人生をより豊かに楽しむためのものです。練習とか努力は二の次です。「ピアノって楽しい」と、思ってもらえるように頑張ります。