心を育み生きる力を養うピアノレッスン

私のレッスンは、ピアノの弾き方だけを教える教室ではありません。

社会で生きて行く為に必要なことも教えております。

例えば、指導者の話を聞かないでミスをした場合は、なぜミスをしたかを考えさせます。

レッスン中は指導者の話を聞かないのは良くないので、どうしたら良いかを考えさせます。

そして、指導者の話を聞かなかったことは良くない態度ですので、謝罪をさせます。

〇〇ちゃんは、最初は「ゴ」「メ」「ン」「ナ」「サ」「イ」と言いました。

悪いことはわかったのでしょう。

でも、照れくさかったのでしょうね。

なので、「ごめんなさい」ですね。

と、お教え致しました。

子供のプライドを傷つけないように考え、そして教えるべきことは教えます。

私の教室では、挨拶をすること、いけないことをした時は謝ること、暴力を振るわないことなど、守らなければならないことがあります。

特別なことではなく、社会生活を営む上でも守らなければならないことを教えているだけです。

子供は、教えないとわからないことがたくさんあるのです。

私も間違う時がありますが、即謝ります。

子供って、意外なことをわからなかったりしますよ。

毎日発見の連続です。

「リズムパターンを二つ書いて」と指示をしましたら、同じリズムパターンを二つ書いた生徒さんもおりました。

レッスンは、たえず生徒の反応を見て、生徒さんが理解しているかどうかを確かめながら進めないと大変なことになってしまいます。

でも、これが個人レッスンの良さでもあります。