心を教える難しさ

自閉症の子供に黙読を教えるのは、非常に難しいです。

心は、見えないので、生徒が黙読をしているか判断をするのも難しいです。

ピアノの場合は、正しい長さで弾けている場合は、正しく黙読ができていると判断しますが、声に出さないで弾く場合は、本人は正しく数えているという場合もあるので、難しいです。

自閉症の子供は、お辞儀を教えるのも難しいです。

ステップやコンペティションで、演奏をする前と、終わってからの2回お辞儀をしますが、演奏をする前のお辞儀と、演奏を終わってからするお辞儀の意味は異なりますが、自閉症の子供は、形だけを真似ているだけでお辞儀の意味を理解できていないように思うので、上手にお辞儀ができないのではないかと思います。

お辞儀には、心があるのですが、自閉症の人は心の理論がないと言われておりますから、難しいです。

お家では、声に出してお辞儀をさせましょう。

演奏をする前のお辞儀は「一生懸命練習しましたので、どうぞ聞いてください」、演奏が終わった時のお辞儀は「有難うございました」ということです。

気持ちを教えましょう。