幼児の導入期のレッスンについて。結城美帆子

導入期3ヶ月間位は、ピアノを弾くことを本人が「楽しい」と、思えるようにレッスンを致します。生徒が一本の指で弾く時は、私も一本の指で弾きます。子供に「先生と同じにできる」「私も先生と同じにピアノが弾ける」と、思っていただくことがねらいです。次に、一本の指から5本の指を動かれるように指導していきます。並行して音符の読み方とリズムを教えます。ピアノの鍵盤の読み方を教えるとき、一番左側の低い音から教えております。そうしますと、ABCDEFGABCDEFG、、、、、日本音名ですと「いろはにほへといろはにほへと、、、、、」その次に、文科省が使っているイタリア音名の「ドレミファソラシド」を教えております。子供は興味を持つようです。興味は、意欲につながりますので、まず興味を持たせることが大切です。精神分析では、意欲を大切に考えます。意欲を無くすと言うことは、大きな意味で「死」を意味します。ピアノのレッスンで申し上げれば、意欲が無くなると言うことは、「ピアノのレッスンをやめたい」と言うことです。意欲を持ち続けていただけるようにレッスンをしております。