幸せの大きさは、努力の大きさ。結城美帆子

幸せにの大きさは、どれだけ真剣に努力をしたかだと思います。努力をしなければ、幸せは得られないでしょう。ピアノも同じです。努力が結果なのです。言い訳は意味がないのです。もし、目標が達成できなかったら、目標を達成するだけの努力が足りなかっただけのことです。ただ、それだけのことです。ただ、何らかの障害があり努力ができない人もおりますので、健常者の場合です。ただし、障害があっても、すごく努力して結果を出している人もおります。ただ、20歳を過ぎたら、出来ること出来ないこと自分の力量を見極め努力することも大切だと思います。精神分析で言う「去勢コンプレックス」「エデイプスコンプレックス」ですね。子供に対しては、努力をさせるために「あなたは、やれば出来るのよ」と言ったりしますが、臨界期もありますから、時間は逃さないようにしないと後悔しますね。今、努力できなければ、あとでも努力できません。努力は、習慣で身に付きます。努力は、才能と言う人もおりますが、私は、努力は、努力が身につく環境が有るか無いかではないかと思います。努力することを結果的にたのしめる家庭環境が、努力する人間が育つように思います。どの親も子供の幸せを願って子育てをしていると思います。幸せを得るためには、努力が必要です。努力が出来る人に育ってくれると良いですね。