年中さん、ショパン国際ピアノコンクールin Asiaアジア大会金賞を受賞しました。

年中さん、ショパン国際ピアノコンクールin Asiaアジア大会金賞を受賞しました。

ピティナピアノコンペティションA2級で地区本選一位通過で入賞者記念コンサートに出場、そして、ショパン国際ピアノコンクールin Asiaで金賞を受賞しました。

昨年の3月〜今年の1月7日まで、10ヶ月よく頑張りました。

お母様も頑張りました。

子供は、親御さんの協力無しに目標を達成するのは不可能ですからね。

一年前、ブルグミュラーコンクールを受けた時を思うと、技術的にも精神的にも凄く成長しました。

子供の成長って、凄いです。

人生100年時代と申しますが、ピアノは何歳から習い始めても弾けるようになりますが、ピアノを習うのに最適な黄金期があります。

ピアノのレッスンの効果を人生に最大に活かすのであれば、黄金期を逃さない方が良いと思います。

ピアノを弾くということは、科学的に見ても脳の発達に良いとのことです。

ピアノを弾くということは、常に脳の領域が活性化されるに留まらず、ピアノを弾くことを通じて、様々な方とのコミュニケーションツールを得、どの分野にも通じる上達のストラテジーを学び、幸福感を感じ、熱中できる趣味を持つことが、ひいては人生の幅を広げ、生涯にわたって健康な脳を維持することに繋がり、より幸せな人生を生きることに繋がります。

脳の発達・体の発達・心の発達から、3歳4歳で始めるのがベストです。

ただいま生徒さん募集中です。

ピアノでお子様の人間として成長をお考えの方、歓迎いたします。