家庭での練習について。結城美帆子

ピアノの先生は、練習練習と言いますが、ピアノが上手に弾けるようになるためには練習と言いますが、ピアノをはじめて習う生徒さんたちは、ピアノって楽しそうだから弾いてみたい習ってみたいと思ってピアノ教室くるのではないでしょうか。練習して上手に弾けるようになろうとか、努力して上手に弾けるようになろうとか、と言うのは、習い始めた時は思わないのではないでしょうか。私は、練習とか努力とか全く思いませんでした。ピアノが弾きたいから、親に「ピアノを習わせて」とお願いしました。練習何て感覚はありませんでした。ただピアノが弾きたいから、家でもピアノを弾いていただけなのです。一番最初に先生に渡された教則本は、バイエル上巻でした。嬉しかったですね。いつも宿題に出されたところの先まで練習してました。新しい楽譜をもらうと嬉しくて1日で全部弾いてました。もし、お子様が家で練習をしない場合は、おそらくピアノが楽しくないのでしょうね。特に幼児は楽しくなかったらやらないでしょうね。幼児や小学校の低学年の子供に、努力努力って言ったってわからないでしょう。楽しくなかったらやらないと思います。親が一緒に連弾をしてあげたりすると楽しいようですよ。「家で練習をしないのでレッスンを少しお休みします」何ておっしゃる場合は、家庭でピアノを楽しめていないと言うことですから、ピアノは難しいでしょうね。ピアノが好きな子は、ピアノが好きな子が育つ環境があります。