家庭でのピアノの練習について。結城美帆子

もし、親が練習を促さなければ練習をしないようであれば、ピアノを弾きたいと思っていないわけですから、おやめになられたほうがよろしいかもしれませんね。

幼児でも、親が何も言わなくても自分から練習をする子供もおります。

ピアノを弾くのが好きであれば、ピアノが楽しいと思えば、親が何も言わなくても自分から練習をします。

ただ、ピアノはレベルが上がるにつれ、初見が難しくなりますから、出来ないことを出来るようになるにはどうしたら良いか探究心がないと自分から練習をするようになるのは難しいかもしれません。

ピアノは、出来ないことが出来るようになる経験が出来るから良いのです。

全く弾けなかった人が、1年後には「エリーゼの為に」が弾けるようになる人もおりますから、ピアノは練習の成果がはっきりわかる習い事なので、モチベーションの維持もしやすいのです。

ピアノの練習は、自分で考えてやらせるようにしましょう。

私は、子供達に練習時間を申告して頂いております。

子供が自分で決めた練習時間を守らない日が続いた場合は、私もお約束しているレッスンのお約束を守れなくなりますので、お約束は守りましょう。

生徒に、レッスンを辞められるのが怖くて、本心を言えないようなレッスンは、したくございません。

幼児は、「ピアノってこんなに楽しいよ」というレッスンをしますが、小学生からは、ピアノはやるべきことをやらないと上手く弾けるようにならないということを伝えてレッスンを進めていきます。