安倍総理の体調が悪そうに見えますね。結城美帆子

安倍総理が検査を受けている慶応大学付属病院には、特別病棟があるようです。

受診の予約を入れる時も、一般の患者さんとは違うようです。

今までの総理大臣が病気になった時の対応を思うと、大変だろうなーと思います。

総理が変わると色々変化がありますから、チャンスの時でもあります。

過敏性大腸炎は、ストレスは良くないと言われます。

どんな病気も、ストレスが関係していると思いますが、ストレスをコントロールすることも心の強さではないかと思います。

私は、ストレスと口にする人は好きではありません。

ストレスは、どこにでもあります。

ストレスに負けない心と体を作ることが大切なのではないでしょうか?

子供には、どんな困難な壁にぶち当たっても乗り越えることが出来る強い心を育ててあげたいですね。

私は、コンクールを活用することで、ピアノで強い心を育てられるのではないかと思います。

人生は、緊張と緩和のバランスです。

「推してもダメなら引いてみな」と言う言葉もあります。

ピアノは、コンクールに参加することで、「緊張と緩和」「推してもダメなら引いてみな」など、人生を生きる上で必要なことをたくさん学べます。

コンクールに参加することで、目標を達成する方法を身につけることができ、しいては夢を叶える方法を身につけることが出来るでしょう。

私は、ピアノの指導を通して、強い心と生きる力を育てたいと思います。