安倍総理に言いたい。結城美帆子

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ為に、緊急事態宣言を出して、自粛を要請するのであれば、自粛要請の補償はしなくてもいいですから、あなた方議員も共に痛みを伴ってください。

商売をやめたらお金が入ってこないのです。

あなた方議員も、議員歳費を全額自主返納して、国民と共に痛みを共にしませんか?

そして、できることなら、返納した議員歳費を営業を自粛してくれた人たちに補償金として使えませんか?

国民にだけ自粛を要請して収入を無くして、議員は2割減とはいかがなものでしょうか?

議員さん自ら収入がない状態を経験したら、安易に1ヶ月仕事をするななんて言えないのではないでしょうか?

でもね、仕事って、コロナ以外でもなくなる事もあるし、ナイトクラブは水商売と言われるくらいですから、浮き沈みだってあるお商売です。

AIで食べられなく仕事もあると思うけど、コロナで食べられなく仕事もあると思う。

コロナで死ぬ人もいると思うけど、お金で死ぬ人もいると思う。

しょうがないんじゃないかな。

どんな商売だって、リスクがあると思います。

色々なことを想定して仕事ってするものじゃないでしょうか?

補償金や支援金は、結局は我々の血税ですよ。