子育とは。結城美帆子

褒めて育てる、怒らないで育てるのって、難しいですね。

一人でできる子に育てるには

①子供に期待をしない。

②他の子供や兄弟姉妹と比較しない。

③親バカになる。

④ママ友と群れない。

⑤育児本に頼らない。

⑥世界中を敵に回しても子供の味方になる。

親の価値観を押し付けず、子供にないものを嘆くことなく、ありのままを全て受け入れることで、子供が大人になったとき、他人を妬んだりすることなく「自分は自分、生きているだけで幸せ」と思えるようになると思います。

子供のしつけは、動物の調教ではないので、「これができたらね」と物を買い与える約束をしたり、何かすることの権利を与える『ご褒美』制度は、エサで釣っているという行為です。

エサで釣るよりも、その行為自体を喜ぶことができるように導いてあげると良いと思います。

たとえば、「片付けるとキレイになって爽快!」「やるべきことを早くやってしまうことと遊ぶ時間が取れて良かった!」とか、その行為自体を喜べたほうがいいです。

「食事全部食べたらデザートにしようね」とか、、、、言い方を工夫すると良いと思いますよ。