子育ての目標とは。結城美帆子

世間では中高年の引きこもりが大きな話題になっているようですが、理由はどうあれ子育ての失敗なのではないでしょうか。

昨日、特別支援クラスに通っている小学2年生の生徒さんがレッスンにお越しになられたのですが、右手に白い手服をしていたので「どうしたの」と聞きましたら、学校の授業中にアイロンを使う授業だったそうなのですが、暑くなっているアイロンの熱いところを素手で持ったのでしょうか?水ぶくれができるほどの火傷をしたとのことです。

危険ですね。

高学年になると家庭科では包丁を使うでしょうし、カッターや彫刻刀も使うようになると思うので、非常に危険ではないかと思います。

学校の先生は、危険を予測し注意する義務がありますので、アイロンで火傷をしたお子さんの場合はどうだったのでしょうか?

この生徒さんのお母様が「学校に楽しく行っているので」と、おっしゃいましたが、学校は楽しいことだけのところではないと思うのです。

学校は、生きる為に必要なことを学ぶところではないでしょうか?

生きるって、けして楽しいことだけではないと思います。

色々なことを学ぶのが学校なのではないでしょうか?

社会に出て生きていく為には、ルールを守り、やらなければならないこともあると思います。

人間は、生まれた時から平等ではないと思います。

その中で、子供自身がどう生きていくかを考え、自分の生きる道を探すことができるようにしてあげることが、親が子供にできることなのではないでしょうか?

親は、いつまで手取り足取り子供に教えることはできないです。

ピアノの弾き方を教えるのも同じで、手取り足取り教えるのではなく、私は初めから楽譜を見て自力で弾けるように弾き方を教えるようにしております。

自分で考えることが大切だはないかと思うのです。

ですから、私のピアノのレッスンでは、たえず自分で考えるようなレッスンをしております。

子育ても、ピアノのレッスンも、自立ではないかと思うのです。

先日、スマホのやり方がわからなくてドコモショップに聞きに行きましたら、私が見たい画面を出してくれたのですが、やり方を教えてくれなかったので、電源をOFFにしたら画面が出てこなくなり、またドコモショップに行きました。

やり方というか導き方を教えてくれないとダメなのです。

店員さんは、おばさんに説明するのが面倒くさかったのでしょうね。