子供は、みんな才能を持って生まれてきます。

子供の才能を開花させられるかどうかは、親と指導者しだいではないかと思います。

子供の場合、指導者を選ぶのは親ですから、親の影響が大ということです。

私は、基本的に無理をさせないようにレッスンをしているのですが、本当はその生徒にとって無理なことではないかもしれないなーと思うことも多々あり、見極めることの難しさを感じます。

私は無理ではないと思っても、親がこの子には無理と口には出さなくても心で思っている場合は、無理なので、子供と親の心の中を見極める必要があるのです。

私は、1週間に1日しか子供に携われませんので、後の6日間は親御さんにお任せするしかないので、親御さんがどのような考え方で、ご自分のお子さんをどのように見ているのかを考えて、指導していかないとうまくいきません。

コンクールで全国大会出場ができると私が思う生徒さんでも、親御さんの協力が得られなければ、お子様の才能を伸ばすことはできません。

当教室に通われている一般のお子さんは、親御さんが線引きをせず、生徒さん本人と親御さんが100%の努力ができれば、みんなピティナピアノコンペティションで全国大会に出場できる可能性はおおいにあります。