子供の脳の伸びる力を引き出す為に押さえておきたいと考える3つのポイント。結城美帆子

①幼稚園から小学校の間に、脳の基礎力(土台)をつくる。

②考え行動する力(脳の前側)よりも、まず見聞きする力や理解する力(脳の後ろ側)を育てる。

③言葉の教育より先に、自ら体験しながら試行錯誤する力を養う。

何事にも本気を出して取り組む成長しやすい脳を持った子供を育てる為に大切なことは、人の教えを大事にして「自分の肥やし」にしようとする子供の姿勢を養うこと。

脳を育てる親の話し方、その一言が子供の将来を左右する。

以上、脳の学校の加藤先生の言葉です。

相手の話を聞けることが大切みたいですね。

自閉症のお子さんでなくても、話を聞くことができなかったり、話している意味を理解できていない生徒さんもおります。

相手の話を聞くということは、相手が何を言っているのか理解できるということです。

ラカンの精神分析でも有名な囚人の話がありますが、人間が生きていく上で見聞きする力や理解する力は大切ということですね。