子供のレッスンについて。結城美帆子

子供が、ピアノに興味を持ち、ピアノを弾きたいと思うようになるのは、家にピアノがあり、パパやママなど誰かがお家でピアノを弾いているのを聴いたり、幼稚園や保育園などで先生がピアノを弾いているのを聴いたり、近所の人がピアノを弾いているのを聴いたりした場合なのではないでしょうか。私は、隣りに越して来た子が弾いていたのを聴いていて、自分も習いたいと思ったのがピアノ人生の始まりです。私は、ピアノが弾きたくて、弾けるようになりたくて、ピアノを習い始めさせてもらいましたので、ピアノの宿題とかピアノの練習とかの感覚は一度も持ったことがないので、ピアノを教え始めた頃は、ピアノの宿題を与えるとかお家で練習を促すなどと言うこともしませんでした。私が最初に与えられた教本は、バイエル上巻でしたが、始めてのレッスンは、五線譜に先生が高いドレミファソを書いて教えてくれて、指番号、音符の長さ、弾き方を教えてくれて、始めてピアノを弾いた時は背中に鳥肌が立ったのを今でも覚えております。右手で弾けるようになったら、左手、次に両手、両手で弾けるようになったら嬉しくて嬉しくてどんどん先を弾きたくて弾いておりました。なので、先生から「次は、ここを練習してきてください」なんて言われたことがなかったのです。新しい教本をもらうと嬉しくて嬉しくて一生懸命弾いておりました。でも、今思い返すと、ピアノを弾きたくなるような環境の中でピアノが弾くたくなるように、親に仕向けられていたようにも思います。「女でも、男に頼らず自立して生きていけるように」が、母の口癖でした。私は、母に手をつないでもらった記憶がなく、どこかで寂しさを感じていたようにも思いますが、母の大きな愛で育てていただいたので今の私がいるのです。手をつないでもらった記憶はありませんが、いつも寄り添っていてくれたと思います。マネージャーのように、いつもすぐ手が届くところにいてくれたように思います。