子供のピアノの上達はすごい。結城美帆子

小学生からは、昨年からレッスンの時間を1回1時間にしたのですが、みんなすごい成長です。

料金はお高くなりますが、レッスンの成果は30分レッスンの3倍あると思います。

具体例として、昨年の夏に1年生でレッスンを始めた〇〇ちゃんは、4月に2年生になりますが、レッスンを始めて一年も立ちませんが、ピティナピアノコンペティションA1級(小学生2年生以下)に挑戦します。

昨年の秋から3歳でレッスンを始めた〇〇ちゃんは、4月に年少さんになりますが、ピティナピアノコンペティションA2級(就学前)に挑戦します。

昨年の1月からレッスンを始めた〇〇ちゃんは、4月に小学4年生になりますが、4年生以下のB級に挑戦します。

自閉スペクトラム症で特別支援クラスに通う小学1年生の〇〇ちゃんも1時間のレッスンを受けてくださっておりますが、心理検査で改善が見られ養育手帳が必要なくなり、ピティナピアノコンペティションA1級に挑戦します。

4月に4年生になる〇〇君も自閉スペクトラム症で特別支援に通っておりますが、B級に挑戦します。

自閉スペクトラム症で特別支援クラスや特別支援学校に通っているお子さんでも、教え方によっては、コンペティションの課題曲が弾けるようになりコンペティション挑戦することも可能になります。

ピアノは、継続することで上級レベルまで弾けるようになるものです。

ピアノは、継続した人しか味わえない喜びが有ります。

みんなに、この喜びを味わってもらいたいと願っております。

ピティナピアノコンペティションは、数あるコンクールの中でレベルの高いコンクールで、課題曲が弾けるだけでもすごいのです。

私の生徒たちは、みんなすごい。

時間は無限ではなく有限ですから、時間は大切にしたいですね。