子供のピアノのレッスンについて。結城美帆子

子供に「ピアノが上手に弾けるようになりたいと思いますか?」と聞きましたら、「うん」とお答えになった生徒もおりますが、「どっちでも」とお答えになった生徒もおります。ピアノが上手くなるには、「上手くなりたい」と言う気持ちが大切なのです。そのためには、ピアノの曲を聴いて「私も僕も、あんな風に弾けるようになりたい」「私も僕も、あの曲を弾けるようになりたい」と思うことが大切です。子供がピアノに興味を抱くのは、幼稚園の先生や保育園の先生がピアノを弾いているのを見たり聴いたりして、色々な音を聴いて心地良く感じたり、本物のピアノの音を聴いて何か心を動かされることがあり、自分も幼稚園や保育園の先生のように音を出して見たくなるという「欲望」が湧くのではないかと思うのです。私自身、東京から隣に引っ越してきた子がピアノを弾いていたのを聞いていて、ピアノを弾きたくなって、親に「ピアノを習わせて欲しい」と頼みました。ピアノを習い始めてからは、まず、隣に引っ越してきた子を抜きたくて一生懸命練習をしました。口には出しませんでしたが、学校でもピアノを習っている人どうしで、たえず誰が一番進んでいるかが話題になってましたので、そしてその基準は練習曲チエルニーだったので、チエルニーは頑張りました。誰がみても一番二番と順番がわかることも大切ではないかと思うのです。ピアノが上手くなるには競争も必要なのではないかと思うのです。