子供にピアノを習わせる親の動機や目的は様々ですが。結城美帆子

お子様にピアノを習わせる親御さんの動機や目的は様々ですが、多くの親御さんの中には、「ピアノは下手でも、ピアノを弾いて楽しめるように」「趣味として習わせてますから……」(ピアノは下手でも?)と言われる親御さんがいます。そのお気持ちはわかりますが、ピアノは、それ相応に弾けなければ楽しむこともできません。趣味として習う場合も同じです。「ピアノを弾いて楽しめるように」と「楽しいレッスン」とは次元が違います。「ピアノを弾いて楽しめるように」には生涯の意味が含まれますが、「楽しいレッスン」はレッスン時間内の問題です。レッスンも生涯のうちですし、楽しいレッスンがやがて生涯の楽しみに発展するでしょう。ただし、「楽しいレッスン」の楽しさがそのレッスン時間内に終始するような楽しさならば、生涯の楽しみに役に立たないこともあるでしょう。たとえば、子供が弾きたいという曲や子供が好む題名のついた曲だけを弾かせるようなレッスンや、指導者は練習曲を指導する必要性を認めながらも子供が嫌がるから練習曲は全く指導しないというようなレッスンなどなどです。指導の過程で、子供の希望を尊重することは大切なことですが、子供の希望だけで終始レッスンをするならば、指導者の存在価値はありません。私、結城美帆子は、趣味で習われる方とコンクールに参加したい方や音高音大受験など専門的に学びたい方ではレッスンのカリキュラムは違いますが、生涯に渡りピアノを楽しめるようにレッスンをしております。