子供たちの心は疲弊しているかもしれません。

新型コロナウイルスは、人間を切り離します。

感染しないようにと、密にならないようにとか、接触しないようにと言われて生活していると思いますが、大人はソーシャルデイスタンスを思いやり距離と理解できますが、子供は疎外感を感じているかもしれません。

新型コロナウイルスの前は、幼稚園や保育園の先生と子供達の距離は今よりずっと近かったのではないでしょうか?

手をつないだり、抱っこしたり、先生に抱きついてくる子供もいたのではないでしょうか?

子供は、肌のぬくもりを感じて愛されていると実感し安心感を得て成長しているようなところがありますから、新型コロナウイルスの新しい生活様式は子供の心の成長にどんな影響を及ぼすのかが心配です。

おうちでは、どうぞ、お子様を抱きしめてあげて欲しいと思います。

抱きしめて安心を与えて欲しいと思います。

多くのピアノ教室では、オンラインレッスンに切り替えていたようですが、オンラインレッスンは誰の為なのでしょうか?

初診でもオンライン診療が可能になりましたが、医師が感染しないようにと厚労省が認めたのではないでしょうか?

ピアノのオンラインレッスンも、お互いの感染を防ぐ為ではないかと思いますが、オンラインレッスンは生徒さんとの間に壁を作るように感じました。

人間を分けているような気がします。

「私に近づかないで」と無意識に心の中で思っていると、声に出さなくても、小さい子供は察っします。

そうすると、子供たちは寂しい思いになります。

ただ、感染予防対策をして私自身は3週間おきに抗体検査を受けておりますが、絶対に感染していないとは言えないと思うので、握手をしたり、背中で拍子をとってあげることが出来ませんから、歯がゆく思うこともあります。

子供たちがなるべく疎外感を感じないように、感染予防対策をしてレッスンしたいと思います。

音楽は、こころに安らぎが得られるものです。

私は、どんな状況でも、人間を拒絶するようなことはしたくない。

どんな時でも、全ての人を受け入れることができる心の持ち主でありたい。

できれば、子供達にはマスクをしないでレッスンをできたらいいなと思っていたのですが、お世話になっている岡部先生にご相談申し上げましたら、マスクはした方がいいと言われてしまいましたので、申し訳ないのですが、マスクをしてください。

子供が甘えたい時は、甘えさせてあげても良いと思います。

満足できれば、離れられます。

甘えが足りないと、いつまでも親から離れられないと思います。