嬉しい出来事。結城美帆子

ピティナピアノコンペティションA1級を受ける予定の小学1年生の女の子です。先週、最後まで課題を出さなかったのですが、本人自ら両手で最後まで練習してきました。とても嬉しいです。自分からすすんで練習をしてくるのは大変な成長です。これで課題曲の2曲は譜読みができましたから、残り2曲なので余裕で申し込みができると思います。コンペティションに参加する生徒さんは、色々な意味で大きく成長します。Mちゃんは、ピアノを練習している時、パパとママがちゃんと聴いてくれないと嫌なのだそうです。ピアノの練習をパパとママが聴いてくれると嬉しいと言っておりました。私は、Mちゃんに「Mちゃんが頑張って最後まで練習をしてきたので、結城先生はとっても嬉しい」と申しました。子供って本当に天使ですね。みんなを幸せな気持ちにしてくれるのです。子供って本当に素晴らしいですね。嬉しい出来事でした。