嬉しいこと。結城美帆子

ピティナピアノコンペティションは、A1級とB級は40人くらい参加者がいるのに、D級E級F級の参加者は極端に少なくなりますが、当教室の多くの生徒さんは、趣味でもD級E級F級に参加してくれますので、誇りに思っております。

E級F級の課題曲は、音楽大学入試の課題曲と同等レベルなのです。

音楽大学によっては、ピティナピアノコンペティションの成績により、実技試験を免除してくれる大学もあるくらいです。

趣味でE級F級まで続けることは、大変なことなのです。

生徒の皆さんに、敬意を称します。

今年、E級を受けるR・S君は、高校受験もあり大変だったと思いますが、頑張っています。

人間としての成長も感じます。

R・S君、私は、あなたを、どこにいても、いつまでも、ずっと見守っておりますよ。