大人の生徒Tさんのレッスン。結城美帆子

60歳を過ぎてピアノを始められた方です。

現在、大人のバステイン2巻を勉強しております。

昨日のレッスンで「先生の言っていることがわかってきたように思います。」と、おっしゃいました。

最初は、言われていることが何を言われているのかもわからないのかもしれませんね。

ソクラテスが「無知の知」と言ったように、わからないこと言うことを知ることが始めの一歩なのかもしれませんね。

Tさんに限ったことではなく、みんな最初はリズムを打つことも自分ではできているつもりなのですが、正しく打てる人は少ないのです。

まずは、できていないということを認識できなければ、正しく直すことができないのです。

Tさんは、違っているということがわかるようになってきたので、正しく弾けるようになっております。

この調子でお続けになれば、確実にレベルアップでき、行く行くはベートーベンのソナタ「月光」が弾けるようになるでしょう。