外国に比べて新型コロナウイルスの感染者が少ない理由

一つは、日本の生活様式にあるのではないでしょうか。

畳の生活と申しますか、玄関で靴を脱ぐ生活様式が良いのではないでしょうか。

今は、玄関でスリッパに履き替える病院やクリニックは少なくなりましたが、スリッパではなく土足にする時に、衛生上の観点からどちらが衛生的か議論になったことがあり、不特定多数の人が使うスリッパは不衛生とおっしゃった院長先生がおりまして、その院長先生の病院は土足になったのです。

昔のように泥道ではないですから、土足でもそんなに汚いとは感じなくなりましたが、病棟が土足というのは如何なものでしょうか?

母が入院している時に、手指の消毒はするように言われましたが、靴の消毒を言われた病院はなかったので、少々心配でした。

もう一つは、言葉があるのではないでしょうか?

私の恩師亡き東敦子先生は、長く外国で活躍をされておりましたので、よく発音を注意されました。

イタリア語は、子音をハッキリ発音するように言われ、息を上歯の前に当てるようにしなさいと言われました。

とにかく、息を前へ、言葉を前へ、とよく言われました。

手を口のな目にかざしてイタリア語を喋ると息が手に当たりますが、日本語は手に息がほとんど当たりません。

東敦子先生は、日本歌曲もイタリア語と同じに発音するように申しましたが、私は少々疑問を抱いておりまして、その時に出会ったのが栗本尊子先生でした。

日本語は日本語なのです。

栗本尊子先生の日本歌曲は、日本語なのです。

東敦子先生の日本歌曲は、とてもきれいなのですが、日本歌曲ではなく、イタリア歌曲のように思えたのです。

日本語は、飛沫があまり飛ばないのではないでしょうか?

ゆえに、飛沫感染のリスクが外国に比べて低いのではないでしょうか?

なーんて思いました。

感染しないようにしましょうね。