基礎の重要性

導入期の基礎の指導は重要です。

昨日のレッスンで、再確認しました。

ピティナピアノコンペティションで地区予選を通過できるかどうかは、基礎ができているかどうかにあるように思います。

先日、予選を通過できた〇〇ちゃんは、年中さんですが、渡部由記子先生から、お指の指定席ができないとコンペティションで予選を通過するのは無理と言われましたので、ブルグミュラーコンクールが終わってからコンペティションの課題曲が発表になるまで、お指の指定席と手首が下がらないようにレッスンをしておりました。

リハーサルとは言え、予選通過ラインに達しなかった〇〇さんは、ピアノを弾く手の形ができていないので、指先に重みが乗らないから音が浮いてしまい、芯のある音を出せないのです。

指の形ばかりだと、つまらなくてピアノをやめてしまうのではないかと思うので、うるさいことを言わずピアノが楽しいと思ってもらえるレッスンをしてしまうのですが、結果的には、後々生徒さんを苦しめることになるようです。

今ピアノを楽しむレッスン内容と、生涯ピアノを楽しめるようにするレッスンの内容は、同じではないのです。

大人の場合は、今ピアノを楽しむレッスンをしますが、子供の場合は、子供は無限の可能性を秘めておりますから、生涯ピアノを楽しむレッスンをしたいと思います。

何事も基礎は重要です。

家を建てる時も、土台がしっかりしていなかったら、崩れてしまいます。

ピアノを弾き時は、指の関節は、全て外に出ていなければなりません。

ピアノは、指先に体重を乗せて弾きますので、爪が伸びていたら絶対に正しい指の形では弾けません。

ピアノを弾く指は、深爪です。