地頭力。結城美帆子

指示をされないと自粛ができないおバカな大人もいるようですね。

自分で考えて、自分の責任において行動できない大人もいるようですね。

他者の心に想いを馳せることができない大人もいるようですね。

誰かと密接していないと、何にもできない可哀想な大人もいるようですね。

女の子が隣に座って接待をしてくれるお店に殿方が足をせっせと運ぶのは、なぜなのでしょう?

想像ですが、寂しいのかもしれませんね。

こういう時こそ、地頭力が必要ですね。

パラサイトやパラノイヤにならないようにしましょう。

今までは、政府の会見の時、席が密集してましたし、大臣はマスクをしていなかったので、まださほど心配する状況にはないと思っておりましたが、志村けんさんが新型コロナウイルス肺炎でお亡くなりになってから、政府の会見も、テレビ局も変化したようですね。

昨日、筑波メディカルセンター病院の通りを歩いておりましたら、おそらく新型コロナウイルスに感染した方ではないかと思いますが、医師と数名の看護師さんが患者さんが乗っている車を囲んで医師が患者さんに話してました。

医師も看護師さんも防護服ではなく、マスクとビニールの予防着でしたが、大丈夫なのでしょうか?

国がやっていることが、全て遅いのではないでしょうか?

危機感がないように思います。

医療関係者や介護関係者が、新型コロナウイルスに感染し始めました。

石岡市は、この重大な時期に、市長が辞職願を出したのです。

市長選挙をやるのです。

石岡医師会病院は、職員がたくさん退職したので、今日から入院病棟が閉鎖になったのです。

この時期にですよ。

石岡医師会の皆様、あまりにも想像力と地頭力が無さ過ぎませんか?