地区本選が始まりました。

全国大会出場権を手にする為には、

8.7以上は必要のようですね。

地区本選出場を目指している人と、

全国大会出場を目指している人では、

意気込みに大きな違いを感じます。

地区本選出場を目指している生徒さんに、

全国大会出場を目指している生徒さんに求めるレッスンはできないので(できなくはないですけど、そこまで求めるレッスンをすると練習が辛くなりピアノをやめてしまうかもしれないので)、

どの程度まで指導したらよいか悩みながら指導をしております。

反対に、

全国大会出場を目指している生徒さんには、

一つも逃さず細部まで指導をしなければ全国大会へは行けませんから、

一音一音音を確認することが必要なので、

耳を研ぎ澄まさなければならず、

これもまた大変なのです。

正直なところに切り替えが一番難しいです。

それに加え、

当教室には知的障がいの生徒さんもいるので、

生徒さんによって指導を変えなければなりません。

ピティナピアノコンペティションは、

幼児からバロック・クラシック・ロマン・近現代の四期が学べて、

人間として生きる力が培われます。

自分にとって価値ある目標を設定コンペティションに挑戦して、

人間力を磨き、

目標を達成する方法を身につけましょう。

そして、

自分の夢を叶える力を付けましょう。

全国大会出場を目指して頑張っている〇〇ちゃんの成長ぶりは、

すごいです。

昨日、

ノバホールでホールレッスンを行い、

今日もレッスンにお越しになりましたが、

昨日から一段と良くなり、

演奏も人間としても日々良くなってます。

結果はどうあれ、

ピアノの技術は一段と高くなっているのは事実ですし、

人間としても大きく成長しているのも事実です。

良い結果が出せるように全力でレッスンをしております。