営業の電話が頻繁にかかってくるようになりました。結城美帆子

携帯電話から営業の電話が頻繁にかかってくるようになりました。

営業の電話も、テレワークなのでしょうね。

以前は、フリーダイヤルからの電話がほとんどでしたが、新型コロナウイルスが流行りだし、政府や小池都知事がテレワークを促す発言をしてからは、携帯電話から営業の電話が頻繁にかかってくるようになりました。

電話をかけてくる人は、お仕事でしょうから仕方がないですが、正直な気持ちを申し上げれば、少々迷惑です。

でも、生活の為に、みんな必死で仕事をしているのでしょう。

人間の心理を知りたいので、時間があるときは、相手の話をただ聞いて差し上げておりますが、マニアルに書いてある通りのことを言っていると思える人が、ほとんどです。

「一度お目にかかってお話をさせて頂きたいのですが」と言われるのですが、「このご時世に」と私が申し上げると、何を言われているのか意味がわからないという人ばかりです。

暇なときは、相手の地頭力を試して楽しませて頂いております。

「募集をしてますか?」と電話がかかってくるのですが、

「はい」と申し上げると、

「わたくし、〇〇会社の〇〇と申しますが、生徒さんの紹介をさせて頂きたいのですが、、、、、、」

ようは、広告の会社のようです。

今は、ほとんどがホームページをご覧になって体験の申し込みをしてきますが、ご年配の方はホームページをご覧にならない方もいらっしゃるようで、常陽リビングを見てお電話で体験を申し込まれる方が多いです。

ホームページと常陽リビング以外で生徒募集をするつもりはありませんので、いくら営業の電話をかけてくださっても無駄なのですが。