命日。結城美帆子

今日は、命日です。

何年経っても、10月10日を忘れることはできない。

助けることができなかった。

自分の力の無さに打ちひしがれる日。

自分を反省する日。

これが生きるということか。

これが死者を生かすということではないかと思う。