反復練習

わかるまで、できるまで、反復練習をしましょう。

わかる、できる、とは100回中100回できることです。

音符が読めるということは、反射的に読めるということです。

ドレミファソラシド、ドシラソファミレド、言えるようになるまで毎日言いましょう。

お指の番号も考えずに瞬時に反応できるまで繰り返し練習しましょう。

譜読みも、毎日行ってください。