努力は大切かも知れませんが、努力だけでは人は育たないと思います。結城美帆子

ピティナピアノコンペティションの課題曲が発表になり、みんな必死で練習をしているのでしょうね。努力は大切ですが、努力だけが絶対ではないと思いますよ。ピアノが上手になりたいと言う気持ちが大切ですよ。「素敵な音が出せるようになりたい」とか、「綺麗な音で弾けるようになりたい」とか、「先生のように弾けるようになりたい」とか、欲望を持つことが大切で、上達する秘訣です。」ママのために上手に弾けるようになりたい」も良いですね。誰かを幸せにするために一生懸命にピアノの練習をする子供って愛しいと思いませんか。可愛いと思いませんか。私だったら、抱きしめたくなってしまいます。音楽って、みんなを幸せにするためにあると思うのです。けして、「音我苦」や「音学」にならないようにしましょう。努力努力言っていると、お相撲さんのように自分より番付が低い人をぶん殴っていじめるような人間になってしまいます。努力努力してピアノのコンクールで上位になっても、いじめられたからと言って自殺してしまうような取手市の中学生のように育ってもしょうがないでしょう。努力は大切です。でも、努力だけで幸せな人生を手に入れられるわけではないと思います。医師が一番いい例ではないでしょうか?努力して努力して医学部に入り医師国家試験に合格するまでは努力が報われることでしょう。でも、どんなに努力をしても治せなくて死んで行く患者さんがいます。母の主治医たちは皆さん「努力しているんですけどね」とか「一生懸命やっているんですけどね」と言ってましたが、筑波記念病院なんかはCRPが20まで上がっても原因も突き止めることすらできず「わからないんです。お手上げです。申し訳ございません」と頭を下げられてしまいました。母は、最期に私に「努力だけが大切なことではありません。もっと大切なことがあるから目を見開いてよく見なさい。どんなに努力をしても報われないこともあるのです。」と言われたように思います。母の身を呈したい最後の教えです。人間は無力です。音楽は、みんなで楽しむものです。音楽は、みんなを幸せにしてくれるものです。ピティナピアノコンペティションに参加される生徒の皆さん、予選通過とか、全国大会に行くためではなく、綺麗な音で弾けるようになるため、素敵な演奏ができるように、練習をしてくださいね。綺麗な音で素敵な演奏ができるようになったら、パパもママも結城先生もみんなが幸せになります。みんなを幸せにできる演奏ができたら、それは、きっと満点です。コンペティションに参加をされない生徒の皆さんも同じです。ピアノは、音楽は、楽しむためにあるのです。みんなを幸せにするためにあるのです。私は、生徒の皆さまが、一生懸命にピアノを弾いている姿を見ているといつも感動するのです。この感動が私の生きる源になっているのです。生徒の皆様に、心から感謝をしております。ありがとうございます。