努力という才能。結城美帆子

以前、特別支援学校の先生をしている人に「努力が出来ない人もいますから」と、言われた事がありました。多分、特別支援学校の生徒達の事を言ったのでしょう。でも、20年以上、特別支援学校に通っている子供や障がいのある子供にピアノを教えてきましたが、特別支援学校の生徒達や障がいがある子供達が努力が出来ないとは思いません。ピアノは、毎日努力して練習をしないとレベルアップ出来ませんから、ピアノを習っている人達は、一生懸命に努力をしていると思います。ピアノを習うという事は、努力という才能を開花させるという事のようにさえ思います。医師になるにも、弁護士になるにも、たくさん勉強して努力をしなければなれない職業ではないでしょうか。他にも、努力をしなければなれない職業がたくさんあると思います。ピアノのレッスンは努力が出来る人に育てる事が出来ます。私は、現在もなお、努力の連続です。努力する事を辞めたところでボケるような気がするのです。なので、死ぬ時まで努力をし続けたいと思います。